内装解体

ビルなどに入っている店舗などの解体作業になります。建築物そのものも解体する建物解体とは違い、建物内の一部を解体するのが内装解体になります。内装解体は借りている場所を原状回復し明け渡すため建物の中だけを解体していきます。また、リニューアルや改装などのために一部解体することもあります。弊社では、内装解体も経験豊富でどんなご要望にでもご対応させて頂きます。

 

・内装解体を開始する前に

弊社では、工事前に必ず現地・近隣調査をおこないます。同じ建物内の店舗などの営業時間の確認や廃材の搬出経路の確保など事前に確認していきます。また、近隣の住民や店舗への挨拶周りなどを必ずおこないます。工事の際にトラブルにならないように工事の概要説明、作業工程などしっかりお伝えします。

 

・内装解体の作業手順

①養生の設置

通常の解体工事と同じく、内装解体でも養生はしっかりと設置していきます。
内装解体の場合は室内のため粉塵が発生します。同じ建物内で営業している店舗に被害を及ぼしてしまったら、ご迷惑どころか大変なトラブルになってしまいます。そのために養生はとても大切なのでしっかりとおこないます。

特に、エレベーターや階段などの共有スペースも搬出路になりますので、汚したり壊したりしないように養生でしっかりと覆います。

 

②内装解体

残置物などがある場合は先に撤去していきます。何もない状態になったら内装を解体していきます。壁・天井・トイレ・床など順々に解体していきます。ガラスなども多いので切ったりしないよう十分注意して作業をおこないます。解体した廃材は全て分別してまとめていきます。

 

③廃材の搬出・清掃作業

解体して出た廃材はダンプなどの産廃車へ積込み搬出します。搬出の際、エレベーターや階段など汚さないように徹底しておこないます。搬出後は清掃作業をおこないます。掃除しながら養生を片付けて元通りにしていきます。

 

工事が完了したらまた近隣の住人や店舗などに終了のご挨拶をして終わりになります。

 

内装解体を考えていましたら是非弊社にご相談下さい!

 

 

 

 

 

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事
PAGE TOP