RC(鉄筋コンクリート)解体

鉄筋コンクリート造は、ビルやマンションなどで最も多い構造で、「RC造」とも言われています。

RC造は、鉄筋とコンクリートを使って強度を高め耐久性、耐火性に優れていますので非常に丈夫で解体しにくく費用も高くなってしまいます。また、木造の一軒家とは異なる解体工法が用いられることも多く、高い技術力や経験が求められることも少なくありません。もちろん弊社では数多くの解体をしてきましたのでどんな建物でも解体していきます。

また、RC造の場合建物の状況によって解体工法が変わってきますので事前にどのように解体するか入念に考える必要があります。間違った工法で解体すると安全面にも影響してきますので、適した工法を選択することが重要になります。

では、どのような解体工法があるのか以下まとめてみました。

 

①階上解体

階上解体とは、屋上から下の階に向かって解体していくやり方になります。大型クレーンを使って重機を最上階に引き上げ、上の階から解体を進めていきます。ビルやマンションの解体では階上解体が多く利用されます。

階上解体であれば、重機を最上階に持ち上げることで、地上で作業をする感覚で取り壊しを進めることができます。重機の転落や突き抜けといった危険性はありますが、一般的に用いられる工法の1つです。

 

②地上解体

地上解体とは階上解体とは反対に、地上に重機を設置して下から建物の取り壊しを進めていく工法になります。解体する建物が高くなければ、ロングアームなどを利用して上階部分まで届くことがあります。その場合は無理に重機を持ち上げる必要がなく、地上から上の部分の取り壊しを行うことができます。

高層ビルや高層マンションなど、ロングアームを使っても取り壊せない場合は階上解体が採用されます。階上解体に比べて、地上解体の方が安全だと言えますが、下から上を壊していくので壊したコンクリートなどが落下してくるので注意が必要になります。

 

③転倒工法

転倒工法とは、外壁を地面に転倒させる工法のことを言います。地面に転倒させることでコンクリートを手軽に持ち出せるほどに小さく砕いていきます。コンクリートを小さく砕くことで、外部へのほこりや粉じんの飛散を最小限に抑えることができます。

基本的には最初に床や梁といった部分を取り壊し、その後に外壁をワイヤーなどで引っ張って内側に倒します。外壁を倒すことから転倒工法と呼ばれるようになり、安全で確実性のある工法として人気を呼んでいます。

 

④圧砕機工法

RC造やSRC造の建物を解体する場合は、階上解体か地上解体のいずれかの方法で取り壊しを行います。その中でもさらに細かい工法が使われることがあるので、1つ1つの工法について確認していきましょう。

まずは圧砕機工法と呼ばれる工法についてです。圧砕機工法とは圧砕機を利用した工法のことであり、建設機械に圧砕機を取り付けて解体を進めていきます。圧砕機には強い圧縮力があるため、鉄筋や鉄骨、コンクリートも簡単に破壊することができます。

圧砕機にも複数の種類があり、圧力や回転速度の違い、油圧操作ができるものなど、タイプもそれぞれです。建物の構造やその他の条件に合わせた圧砕機を利用することで、より効率的に解体工事を進めることができます。

 

⑤大型ブレーカー工法

続いてご紹介するのは、大型ブレーカー工法についてです。これは大型ブレーカーと呼ばれる機械を利用してコンクリートなどを破壊していく工法のことを指します。コンプレッサから出る油圧力を利用してブレーカーを作動させることが一般的で、大きな破壊力や衝撃力を使ってコンクリートなどの頑丈な構造物を取り壊していきます。

大型ブレーカー工法の場合は、圧砕機のように対象物をつかんで砕くわけではありません。ノミのような形でコンクリートに力をかけて砕くところに特徴があります。

手で使用できるハンドタイプのブレーカーもあり、狭い場所での作業にも対応できます。破壊力抜群なので、騒音がしやすいというデメリットがあります。そのため、利用する場合は周囲の状況や時間帯などにも注意しながら作業を進めることがポイントです。

 

・解体費用・相場

RC造の解体工事では、「圧砕機工法」「大型ブレーカー工法」などの特殊な工法でないと解体できないため、木造や鉄骨造よりも本体工事費が高額になります。

解体の工事費は坪単価で計算されます。坪単価とは人件費と廃棄物の処分費を合わせたもので以下計算式になります。坪単価×建物の坪数=解体工事費

また、建物以外でも庭にあるブロック塀、樹木などは別途処分費がかかります。そして、足場・養生などの費用も別になります。そして、最後に残置物処分費、場内整地、重機回送費などを合算されたのが解体工事費となります。

※追加費用など発生する場合もあります。

例えば、アスベストの処理、地中障害(レンガ、天然石)の処理など

建物によって変動しますがざっくりとまとめますと、状況によって変わりますが30坪で200万円~くらいが相場になりそうです。もし、解体工事を考えておりましたら是非ご相談下さい!

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事
PAGE TOP